健康診断

健康診断で早期発見と早期治療のサイへようこそ!!

健康診断で早期発見と早期治療のサイトでは、
健康診断についての情報を紹介しています。
また、健康診断は、定期的に同じ機関で受信することをお勧めします。
健康診断で早期発見と早期治療に繋げましょう。



健康診断は、さまざまな角度から検査することで自分の身体の状態が正しく分かり、

日頃の生活習慣を振り返る良いきっかけとなります。

また、最低でも年に一度は、健康診断を受け診断結果の数値を基に身体の状態

確認をしたり、傾向管理をすることで健康の維持増進に役立てましょう。


健康診断とは、ただ単に正常か異常かを診るだけでなく、自分の健康状態を客観的

に知るためにも大変有効なものです。

多くの病気は、発見が早いほど治療の苦労が少なくなり治る確率も高いといわれて

いますので、健康診断により早期発見と早期治療につなげたいものです。


人間の身体は、日々変化していますので、数ヶ月単位でその常態が変わります。

できれば、半年おきに健康診断を受けることが理想ですが、少なくとも1年に1回は

定期健診を受けるようにしましょう。

診断項目、検査方法、機器などは、健診

機関によって少し異なるので、これまで

受けた健診結果と正確に比較できるよう

に同じ機関で受けることをお勧めします。

また、多くの人は、やっと終わったと感じて

しまい、診断結果報告書に書かれた自分

自身の健康状態をよく確認しないようです。

せっかく健康診断を受けたのですから、

その結果を確認して、毎日の生活を健康で

過ごせるよう健康管理の目安としてくだい。


報告書には、現在の健康状態、過去の比較データ、そして、異常が認められた場合

のアドバイスなどが記載されてありますが、結果判定が正常であっても安心の目安

でしかありません。結果の数値は、これまでの生活習慣を示すものですのできちん

と受け止め、食生活、運動習慣、休養、喫煙などの改善目標を立て少しずつ実行

するようにしましょう。

再検査をうながされた時は、病気と確定したわけではありませんので、いたずらに

心配したり、怖がって無視などせずにできるだけ早く精密検査を受けましょう。

また、身体の活性機能は年とともに衰えるので、検査結果で異常が無くても過信

せずに日頃の生活習慣をさらに改善し身体の健康チェックに心がけましょう。


現在、食生活の欧米化による動物性タンパク質摂取量の増加、慢性的な運動不足、

不規則な生活、ストレスなどさまざまな健康を脅(おびや)かす要因が溢れています。

このような環境の中、定期的な健康診断で自分の身体の状態をきちんと把握して

おかなければ、気づかないうちにさまざま病気を引き起こしてしまうかもしれません。

人は、環境の変化など何かしら少しでもバランスを崩すと、精神的にも肉体的にも

ストレスを感じ簡単に病気になってしまいます。

病気になって始めて分かる健康のありがたさと、日頃の健康にたいする認識の

甘さを痛感する前に健康診断に行き意識を高めましょう。



【メニュー】

≪ダイエット≫

 TOP:ダイエットと健康づくりの広場

 カロリーコントロールで脂肪燃焼

 産後ダイエットで美しく痩せる

 簡単ダイエットで楽々チャレンジ

 ダイエット運動は美容に効果的

 内臓脂肪ダイエットでメタボ退治

 部分ダイエットで体型維持

 ダイエットサプリメントで痩身

 ダイエットレシピが美しさの秘訣

 ダイエット器具が成功の鍵

 モデルダイエットでスリムに

 ダイエット専門店は強い味方

 足痩せダイエットの秘訣


≪健康≫

 健康診断で早期発見

 女性の健康は美しい心

 男性の健康は若々しい心

 子供の健康は親の責任?

 健康食品ブーム陰日なた

 健康な食事で快適な暮らし

 健康器具でストレス解消




 プロフィール


 リンク集はTOPページから!

かつては、成人病と呼ばれた糖尿病、高血圧症、高脂血症、動脈硬化などが現在では生活習慣病と呼ばれる

ようになりました。生活習慣病とは、その名称からわかるように日々の生活習慣が要因となり起きる病気で、

食習慣、運動、喫煙、ストレスなどの積み重ねで起こります。

肥満は、生活習慣のアンバランスの積み重さねで起きるもので、生活習慣病に大きく関わりがあります。

特に、太っている人は、血糖値も血圧もコレステロールも一般に高い傾向がありますので、血液検査の結果を

素直に受け止めダイエットに取り組むようにしてください。さらに、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症の四つが

重なると「死の四重奏」となり、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中のリスクが何倍にも高くなります。

また、心疾患、脳虚血疾患(脳卒中)はどちらも肥満が危険因子にあり、ガンの一部にも肥満が関わっています

ので安易に考えてはいけません。


オーストラリアはアメリカと並ぶ肥満大国ですが、成人男性の約2人に1人、女性の3人に1人が肥満といわれ

肥満からくる病気に対応する国の医療負担は年間10億ドルにも達しているそうです。

その背景には、普段の食生活が関係しますが、日本と比べ高カロリーの食事やデザートなどの他、ビールの

消費量を考えると納得のいくところではあります。

実際、日本人が留学や転勤でオーストラリアに半年間滞在すれば、10キロ以上太ることは珍しくありませんので、

今後予定のある方はご注意ください。


2006年6月に通常国会において、少子化高齢が進行する中、

誰もが安心して医療を受けることが出来るわが国の国民皆保険

を堅持し、医療制度を将来に渡り維持可能なものにしていくため、

「医療費適正化」「新たな高齢者医療制度の創設」「都道府県単位

を軸とする保険者の再編成と統合」を三本柱とする医療制度改革

関連法が可決され、同年10月より段階的に試行されています。


・・・健康診断で早期発見と早期治療・・・健康診断で早期発見と早期治療・・・健康診断で早期発見と早期治療・・・健康診断で早期発見と早期治療・・・健康診断で早期発見と早期治療・・・

Copyright (C)  All Rights Reserved. < ダイエットと健康づくりの広場 >  【TOP】