男性の健康

男性の健康は若々しい心と若々しい姿のサイへようこそ!!

男性の健康は若々しい心と若々しい姿のサイトでは、
男性の健康について紹介しています。
男性の健康は、今や家庭内でも最大の関心事であり糖尿病や
メタボリックシンドロームなど男性の健康事情は日に日に深刻になっています。



男性の多くは、「休日や休暇がとれない」「忙しい」「周囲との意見の衝突」など仕事

がらみのストレスを抱え息抜きの場を探すことに懸命です。

また、男性は、大黒柱として家族に「大きな柱がこの家を守っている、支えている」と

いう安心感をあたえるためにも、まずは自分が健康でなければなりません。

そして、若々しい心と若々しい姿は、健康であればこそ身に付くものですので男性に

合った男性の健康法を考え取り組まなければなりません。


【更年期障害】

更年期障害という言葉を聞くと、中高年の女性

だけの問題だと思われる人が多いようですが、

ここ数年、性別や年齢に関わらず更年期障害

にかかる人が増えています。

 
一般的に40〜50歳代の女性に多く見られますが、最近では男性の更年期障害が

話題になっていますので男性の健康を考える上で重要な位置づけとなってきました。

男性の更年期障害の原因は、ホルモン量の減少でテストステロンという男性ホルモン

が、40代後半あたりから減少しはじめ、さまざまな体調不良を引き起こします。

そして、個人差はあるもののテストステロンが70歳くらいまでに徐々に減少していく

ことが一般的です。

また、ほんの数年前までは、男性の更年期障害は存在すら認められていません

でしたので、やっと市民権を得たといえます。


一方、女性の場合は、誰もが経験する「閉経」という劇的な変化がありますので、

これまで更年期におけるいろいろな症状が医学的にも認められてきました。


更年期障害の治療は、薬物療法やホルモン補充療法を行い通常6ヶ月程度治療を

続けて継続するかどうかを決定するようです。その他に、いらいら、不安感、うつ状態

などの、心に関わるものは、心身医学療法やカウンセリングなども用いられます。


【ダイエット】

ダイエットと言えば、女性をイメージしますが、最近では男性も生活習慣病やメタボ

リックシンドロームなどの予防のための、男性のダイエットも多くなってきました。

本来、肥満になりやすいのは男性より女性で男性1に対し女性2の比率といわれて

きましたが、最近では男性1に対し女性1.5の比率へと変わってきました。

このことは、男性の社会活動から来るストレスや運動不足などに加え、好きなもの

を好きなだけいつでも食べられる環境と、それに打ち勝てない現実があるようです。

日本人は、40歳を過ぎると活性酸素を除去する酸素の働きが衰えるために肥満

が始まると言われていますので、生活習慣病の予防だけではなく若々しい肉体を

維持するためにもダイエットを考えましょう。


中性脂肪は、私たちが摂取した脂肪、炭水化物、アルコールなどがそのまま体内

に蓄えられているのではく、体内で一度、消化分解されて再び合成され肝臓、血管、

脂肪組織などで蓄積されます。このうち、肝臓や血管には大量の脂肪を貯めておく

ことができませんので、脂肪組織が体内での主な貯蔵場所ということになり、お腹、

ふともも、腰などの皮膚の下や内臓の周りなどに存在するわけです。



【メニュー】

≪ダイエット≫

 TOP:ダイエットと健康づくりの広場

 カロリーコントロールで脂肪燃焼

 産後ダイエットで美しく痩せる

 簡単ダイエットで楽々チャレンジ

 ダイエット運動は美容に効果的

 内臓脂肪ダイエットでメタボ退治

 部分ダイエットで体型維持

 ダイエットサプリメントで痩身

 ダイエットレシピが美しさの秘訣

 ダイエット器具が成功の鍵

 モデルダイエットでスリムに

 ダイエット専門店は強い味方

 足痩せダイエットの秘訣


≪健康≫

 健康診断で早期発見

 女性の健康は美しい心

 男性の健康は若々しい心

 子供の健康は親の責任?

 健康食品ブーム陰日なた

 健康な食事で快適な暮らし

 健康器具でストレス解消




 プロフィール


 リンク集はTOPページから!

特にアルコールは、適量でしたら分解されやすくエネルギーになりますが、飲み過ぎると肝臓で脂肪酸に変わり、

さらに中性脂肪に合成され蓄えられます。 その他に、糖質(炭水化物)同様そのまま肝臓内に蓄積されるか、

血液中に出され脂肪組織に取り込まれ肝臓に中性脂肪が必要以上に蓄えられた状態(脂肪肝)になります。

また、太らないためにタバコを吸っている人がいますが、男性の健康を考える上では最悪といえますので、

若々しい肉体を維持するためにも禁煙しても太らない体質をつくりましょう。


【肝臓】

肝臓は、かなり病気が進まないと症状として現れてこないことから「沈黙の臓器」と呼ばれています。

そのため肝臓病は、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝などさまざまですがその多くは自覚症状がありません。

そんな肝臓ですが、沈黙していても検査をすれば異常が判断できますので、定期的な健診を受け症状にあった

治療を行いましょう。

また、肝臓は、食事から取り込んだ糖質をグリコーゲンとして貯蔵し、必要に応じてグリコースに変え血液中へ

放出し各組織のエネルギー源とします。

さらに、血液中のたんぱく質や色々な酵素を作りたんぱく質を分解した時に出来る有害なアンモニアも解毒します。

その他にも、脂肪酸から中性脂肪をつくり組織にエネルギーを供給したり、コレステロールの合成や代謝をします。

そして、古くなった赤血球からできるビリルビンを水に溶けやすい形へ変え脂肪を分解する胆汁(たんじる)として

排出したり、コレステロールから胆汁の主成分である胆汁酸をつくります。

極めつけは、体内に生じた毒性物質や外から取り込まれた薬物や有害物質

を解毒しますます。

以上、色々な難しい働きを述べましたが、簡単にいうと、もし肝機能に障害が

起これば大変なことになるということです。

・・・男性の健康は若々しい心と若々しい姿・・・男性の健康は若々しい心と若々しい姿・・・男性の健康は若々しい心と若々しい姿・・・男性の健康は若々しい心と若々しい姿・・・

Copyright (C)  All Rights Reserved. < ダイエットと健康づくりの広場 >  【TOP】