子供の健康

子供の健康は親の責任?のサイトへようこそ!!

子供の健康は親の責任?のサイトでは、
子供の健康についての情報を紹介しています。
子供の健康は、親の責任と思いますか。
子供は親の宝といわれますので、やはり子供の健康は親の責任でしょう。



子供が成長する過程で、まず最初に思うことは元気にすくすく健康に育ってほしいと

いうことです。人によっては、子供は元気過ぎるくらいが丁度いいという人もいます。

そして、子供の健康を考えると同時に、こういう子供に育ってほしい、こういう大人に

なってほしいと誰もが考えるはずです。


「三つ子の魂(たましい)百まで」といわれるように、小さい時期の子供の環境はその

後の人間形成に大きな影響をあたえ、成人になった時の人格を左右するといっても

言い過ぎではありません。

そして、その環境作りにもっとも影響を及ぼすのが、親であり家族と言う一番身近な

お手本です。そして子供にとってかけがえのない存在となります。


これまでは、成人の病気とされていた

成人病が子供にも多く見られるように

なったことを機に、生活習慣病と呼ばれ

るようになったのは最近のことです。

家庭では、肉や揚げ物など高たんぱく

高カロリーの動物性脂肪食品を与え、

インスタント食品、ファーストフード、

お菓子や清涼飲料水なども食生活の

一部となってきました。

また、家庭で与えなくても、子供たちだけで好きな物を好きな時に好きなだけ食べ

られる環境が整う中、ゲームなどの普及で元気に外で遊ぶことのない子供たちが

増えています。

生活習慣病に関係する肥満は、、30〜40%が遺伝で60〜70%が生活環境だと

いわれていますので、このような太りやすい生活環境で育てることが最大の原因と

いえるのではないでしょうか。


幼児期は、お腹がすいていたら旺盛(おうせい)に食べすいていなけらば食べようと

しませんが、純粋なので料理を工夫したり上手に話しながら食べさせると、食べ残し

や好き嫌いがなくなります。

また、バイオリズムのように食べる時期と食べない時期がありますので、食べない

からといって叩いたり無理に食べさせると、それがトラウマとなり粗食になることも

あります。言葉が分かるからといって大きな声を出すのではなく、食べない時期は

親のほうが機転を利かせて上手に誘導してあげてください。


小学校に入り自我が目覚めてきたら、食欲に規制をかけるのは難しくなりますので

肥満との分かれ道となります。

肥満にならないためにも、低学年の間にバランスのよい食事を適量取るように心

がけたいものです。また、肥満になった子供は、高学年になると運動する代わりに

厳しい食事制限により体重を落とすことを知しりますが、実際には自己の持つ欲求

に勝てることはほとんどありません。

もし、食事制限で体重が落ちても体力が落ち風邪をひきやすくなったりしますので、

親として子供の健康を考え、子供にあったダイエットの方法を教えてあげましょう。

そして、「それだけ食べれば太るのが当たり前よ」というお母さんがいますが、その

食生活を教えて誘導してきたのは、太ってしまったその子供のお母さんであること

を自覚してください。


肥満の予防としては、小さい頃からサッカーやバレーボールなどのスポーツをさせる

ことがいいようですが、消費エネルギーよりも摂取エネルギーの方を少なくすると自然

に太らない体質になりますので、小さい頃から食生活に気をつけてあげてください。


子供は、本来自分の欲求に任せて行動するもので自己規制ができません。

だからといって、わがままをひとつ許せば欲求がどんどん大きくなり他人のいうこと

を聞かなくなってしまいます。ただし、そうなる前は、大人のように大きな欲求も

持っていないため親や先生の言うことを素直に聞き入れます。

しぶしぶ聞くこともありますが・・・。

最低でも小学生高学年までは、もっと厳しく子供の躾(しつけ)に関心をもち、わが

ままな欲求が出た時は脱線しないように上手に修正してあげましょう。



【メニュー】

≪ダイエット≫

 TOP:ダイエットと健康づくりの広場

 カロリーコントロールで脂肪燃焼

 産後ダイエットで美しく痩せる

 簡単ダイエットで楽々チャレンジ

 ダイエット運動は美容に効果的

 内臓脂肪ダイエットでメタボ退治

 部分ダイエットで体型維持

 ダイエットサプリメントで痩身

 ダイエットレシピが美しさの秘訣

 ダイエット器具が成功の鍵

 モデルダイエットでスリムに

 ダイエット専門店は強い味方

 足痩せダイエットの秘訣


≪健康≫

 健康診断で早期発見

 女性の健康は美しい心

 男性の健康は若々しい心

 子供の健康は親の責任?

 健康食品ブーム陰日なた

 健康な食事で快適な暮らし

 健康器具でストレス解消




 プロフィール


 リンク集はTOPページから!

中学生になり元気に食べるのはいいのですが、早食いは脳の満腹中枢が満腹を感じる前に食べ終わってしまう

ので結果として食べ過ぎてしまいます。

それと同時に、よく噛んでいないため消化が悪いことも肥満の要因の一つです。

食べる際によく噛むようにすると、満腹中枢を刺激し少ない食事量でも満腹感を感じるようになって食事量を抑える

ことができます。また、噛めば噛むほど交感神経を活発に働かせ、内臓脂肪の分解を促進します。


この時期になると、親のいうこともなかなか聞いてくれず生活習慣は本人しだいとなりますので、小さい頃から

早食いをしないように、また、よく噛んで食事をするように育てたいものです。


台湾には、欧米のファーストフードのみならず中華料理やデザートなどのファーストフードが街のいたるところに

進出しています。その変化は、子供にダイレクトに影響を与えているようで、小学生から高校生の肥満人口は

年々増加の傾向にあり、肥満率は実に15%を超えているということです。

かつては、医食同源(いしょくどうげん)のバランスの取れた食事が中心であった台湾ですが、世の中の移り変わり

には逆らうことが出来ないようです。

この傾向は、台湾だけではなく世界的なもので、日本も例外ではないことは想像ができるのではないでしょうか。


このように、子供の健康を阻害する環境が増えていますが、

小さい頃に肥満になると脂肪細胞の数が多くなり、大人に

なった時に肥満になりにくい体質に変えようとしても簡単には

変えることが出来なくなります。

小さい時に甘やかされ肥満になった子供は、大人になって

痩せることができずに苦労します。

子供の健康は親の責任と考え小さい頃から厳しく躾けましょう。


・・・子供の健康は親の責任?・・・子供の健康は親の責任?・・・子供の健康は親の責任?・・・子供の健康は親の責任?・・・子供の健康は親の責任?・・・子供の健康は親の責任?・・・

Copyright (C)  All Rights Reserved. < ダイエットと健康づくりの広場 >  【TOP】