健康食品ブーム

健康食品ブームの陰日なたのサイトへようこそ!!

健康食品ブームの陰日なたのサイトでは、
健康食品ブームについて調べてみました。
今ブームになっている健康食品について調べてみると、
その実態は驚くべきものでブームだけで健康食品を試すのは少し勇気がいることに気づかされました。



厚生労働省は、今ブームになっている健康食品のうち国が設定した規格基準等を

満たすものを、「保健機能食品」と称して販売することを認める制度を2001年4月

に施行しました。この制度は、食品の目的や機能などの違いにより、栄養機能食品、

特定保健用食品に分けられます。

栄養機能食品は、通常の食生活を行うことが困難な場合などに不足しがちな栄養

成分の補給や補完をたすけるもので、特定保健用食品は、身体の生理学的機能等

に影響を与える保健機能成分を含んだ食品であって、健康の維持増進及び特定の

保健の用途をたすけるものです。


その後、2006年7月25日全国の店舗

やインターネットで販売されている健康

食品とみられる製品の成分を分析した

結果について発表されています。

強壮効果をうたったものでは、134品

のうち27品から法律に違反している

バイアグラの成分であるシルデナフィル

などが検出されました。

そして、痩せ効果をうたったものでは、66品を調べましたが医薬品成分は検出され

なかったとのことです。


このことからも分かるように、健康食品はいくらブームといっても医薬品よりも作用が

緩和で、有用性(ゆうようせい)について科学的根拠があると保証されたものばかり

ではありません。

また、病気の治療や予防を目的とするものではないことから、医薬品とは異なり、

製造販売に関する許可制度や健康食品そのものに関する規格基準も厳しく規定

されていないのです。


フェンフルラミンは、セロトニン受容体(じゅようたい)に直接作用して脳内の

セロトニン濃度を高めることにより食欲を抑制します。

アメリカでは、1996年に許可が下りましたが、1997年に心臓弁膜症(しんぞう

べんまくしょう)と肺高血圧を誘発する危険性を指摘され市場から回収されました。

日本でも、2002年にこのフェンフルラミンや甲状腺ホルモンの混入した健康食品

が一時的にブームとなり、健康被害を引き起こす例が多発しましたので覚えている

人もいると思います。


健康食品の中には、このようなものを使っていても成分記載を虚偽している場合

がありますので、安易に痩せ薬の入った健康食品を使用すると健康を害するだけ

でなく命まで失ってしまうことになりかねません。十分に注意しましょう。



【メニュー】

≪ダイエット≫

 TOP:ダイエットと健康づくりの広場

 カロリーコントロールで脂肪燃焼

 産後ダイエットで美しく痩せる

 簡単ダイエットで楽々チャレンジ

 ダイエット運動は美容に効果的

 内臓脂肪ダイエットでメタボ退治

 部分ダイエットで体型維持

 ダイエットサプリメントで痩身

 ダイエットレシピが美しさの秘訣

 ダイエット器具が成功の鍵

 モデルダイエットでスリムに

 ダイエット専門店は強い味方

 足痩せダイエットの秘訣


≪健康≫

 健康診断で早期発見

 女性の健康は美しい心

 男性の健康は若々しい心

 子供の健康は親の責任?

 健康食品ブーム陰日なた

 健康な食事で快適な暮らし

 健康器具でストレス解消




 プロフィール


 リンク集はTOPページから!

健康になるためには、健康食品やサプリメントなどを有効に使い身体の内側から少しづつ体質を改善することも

大切ですが、まずは、健康食品やサプリメントに頼らずに自分自身の力で抗体や免疫をつくり上げ、それに必要

な栄養は自然食品の中から摂取することを考えましょう。


アメリカでは、成人の60%以上が肥満といわれ年間30万人以上が肥満に起因する疾患で死亡しているそうです。

また、肥満によって仕事の生産性も低下しているため経済的にもマイナスの影響を及ぼしているようで、政府や

地域社会までもが肥満問題に取り組まざるを得ずヘルシーな食生活を奨励しています。


ニューヨークのオフィス街では、太っていると自分を規制できない人

と見られ軽蔑に値すると言われるほどですが、ちょっと郊外に行けば

逆に痩せている人を見つけるのが難しいほどです。

田舎へ行け行くほど低所得者が多く、食べることしか楽しみが無い

のかもしれませんが、食生活を根本的に見直すことが出来れば肥満

の問題も解決することはいうまでもないことです。


・・・健康食品ブームの陰日なた・・・健康食品ブームの陰日なた・・・健康食品ブームの陰日なた・・・健康食品ブームの陰日なた・・・健康食品ブームの陰日なた・・・

Copyright (C)  All Rights Reserved. < ダイエットと健康づくりの広場 >
  【TOP】