カロリーコントロール

カロリーコントロールで脂肪燃焼ダイエットのサイトへようこそ!!

カロリーコントロールで脂肪燃焼ダイエットのサイトでは、
ダイエットの基本であるカロリーコントロールについて考えています。
カロリーコントロールで脂肪を燃焼させるためには、
どのようなカロリーコントロールをすればよいのでしょう。



カロリーコントロールは、色々なダイエット法に欠かせないものですので、上手に

カロリーをコントロールして効率を上げれば脂肪燃焼の要(かなめ)ともいえます。

そして、無理なく自然に近いかたちで脂肪を燃焼できれば、リバウンドもなく

すっきりとした体型が継続的に維持できます。

ただし、間違ったカロリーコントロールをすると、リバウンドをしたり病気になる危険性

がありますので十分な注意が必要です。 特に、自分は太っていると思い込み安易に

カロリーの抑制を考える人は、正しい知識を勉強して健康的に痩せましょう。


ダイエットの基本は、簡単にいうと摂取エネルギーを抑え消費エネルギーを増やす

ことですが、それだけに囚われては理想的なダイエットを実践することはできません。

摂取エネルギーとは、食べたり飲んだりして身体の

中に取り込まれたエネルギーのことですが、安易に

食事を制限して摂取エネルギーを落とすと身体の

大切なものまで失うことになります。

当然、野菜スープだけを食べ続けるようなダイエット

では、いくらカロりーを抑えても、たんぱく質、脂質、

炭水化物などの栄養分が不足し、筋肉や骨など

体内にある脂肪以外のものまで痩せてしまいます。

また、ひとつの食品など、単一の栄養素によるものをひたすら食べ続けるダイエット

や、炭水化物を全く摂取しないなど、特定の栄養素のみを欠くカロりーコントロールも

要注意といえます。

確かに、このようなカロリーコントロールで一時的に体重は落ちるかもしれませんが、

そのことで基礎代謝が抑えられ最終的に痩せにくい体質へと変化していくことも考え

られます。更に、栄養の偏った食事は、健康や美容を損ねるなどの障害も誘発します

ので、痩せた時点でダイエットが成功したと考えずに、痩せた後に、必要なカロりーを

摂取して、いかに維持継続できるかを考えましょう。


消費エネルギーは、基礎代謝、活動代謝、食事誘導性熱代謝(DIT)に分けることが

できますが、基礎代謝は、安静時でも消費されるエネルギーのことで、1日の全代謝

の60〜70%を占めています。

1日の適正カロリーを設定する場合、基礎代謝量を設定カロリーと考えると、身体を

動かす活動代謝量及び食事という行為によって消費される食事誘導性熱代謝量の

分痩せていくことになります。

但し、それぞれの代謝は、性別、体格(骨太、筋肉質、かくれ肥満など)、職種など

人それぞれ違いますので、カロリーコントロールの目安としください。



【メニュー】

≪ダイエット≫

 TOP:ダイエットと健康づくりの広場

 カロリーコントロールで脂肪燃焼

 産後ダイエットで美しく痩せる

 簡単ダイエットで楽々チャレンジ

 ダイエット運動は美容に効果的

 内臓脂肪ダイエットでメタボ退治

 部分ダイエットで体型維持

 ダイエットサプリメントで痩身

 ダイエットレシピが美しさの秘訣

 ダイエット器具が成功の鍵

 モデルダイエットでスリムに

 ダイエット専門店は強い味方

 足痩せダイエットの秘訣


≪健康≫

 健康診断で早期発見

 女性の健康は美しい心

 男性の健康は若々しい心

 子供の健康は親の責任?

 健康食品ブーム陰日なた

 健康な食事で快適な暮らし

 健康器具でストレス解消




 プロフィール


 リンク集はTOPページから!

【栄養素】

・糖質(炭水化物)⇒生体活動のエネルギー源です。また、脳の唯一のエネルギー源ですので、やる気を出す

  にはカロリーコントローを考えた朝食を考えましょう。特に、ごはんは、欠かさないようにしましょう。

・脂質⇒糖質と同じ、エネルギー源となる栄養素です。エネルギー源となる脂肪酸、体脂肪となるリン脂質、

  コレステロールなど、少ない量で大きなエネルギー源となります。

・タンパク質⇒全ての体組織や血液をつくりますが貯蔵はできません。タンパク質は、20種類のアミノ酸から

  つくられ、その内10種の必須アミノ酸は体内で生成することができません。

・ビタミン⇒微量で代謝の調節をおこなう栄養素です。また、人間は体内でつくることができませんので、食べ物

  から摂取しまければなりません。

・ミネラル⇒生体活動の潤滑油的な働きをおこなう無機質栄養素です。また、組み合わせでなく元素の単体で

  あることがビタミンとの違いです。

・食物繊維⇒主に植物の細胞膜をつくっているセルロース(繊維素)です。また、腸のゼン動運動を助け腸内の

  有益な菌の働きを促進します。


【本能とのバランス】

どんなに体力的に激しい運動であっても、それによって消費されるカロリーというのは、ビックリするほど少ない

ものです。例えば、ウォーキングを1時間やったとしても消費されるカロリーはたったの200kcal程度ですので、

その後にコーラ1缶(500ml)を飲めばプラスマイナスゼロとなり脂肪が燃焼したとはいえません。

それだけなら良いのですが、運動した後というのは、ついつい食べ

過ぎたり、ビールを飲んでしまったり・・・・。 という事を考えると、

いかにカロリーコントロールを気にしながら運動をしなければらない

かが分かると思います。

いずれにせよ、身体を動かせばお腹がすくのは当然の生理です

ので、カロリーコントロールを考えて、この両者のバランスの支点

を少しずつ痩せる方向へ移動させてください。


・・・カロリーコントロールで脂肪燃焼ダイエット・・・カロリーコントロールで脂肪燃焼ダイエット・・・カロリーコントロールで脂肪燃焼ダイエット・・・カロリーコントロールで脂肪燃焼ダイエット・・・

Copyright (C)  All Rights Reserved. < ダイエットと健康づくりの広場 >
  【TOP】