産後ダイエット

産後ダイエットで美しく痩せるのサイへようこそ!!

産後ダイエットで美しく痩せるのサイトでは
産後ダイエットと子育てについての情報を紹介しています。
また、産後はダイエットをするチャンスですので、
ムリをせずに少しずつ子育てと一緒に産後ダイエットを楽しみましょう。



産後は、おなか周りについた脂肪が目立ち体重の割に太った感じに見えますので、

女性だったら誰でも産後ダイエットに興味を持つようになるのではないでしょうか。


出産後のお母さんの身体は、妊娠前と比べ体力も落ちていますので、産後特有の

産後ダイエットに取り組み元の健康な身体へ回復させましょう。

また、痩せようと考えても身体が弱っているので栄養を充分とる必要があります。

そのため、食事制限は難しくカロリーを消費しようとしても体力が低下しているので

運動もままならないはずです。

ただし、産後はダイエットを成功させるための授乳、卒乳のキーポイントがあります

ので、逆にチャンスともいえます。


出産直後は、だいたい6kgほど体重が落ち

その後は自然に元の体重に戻って行くと

いわれていまが、体型は中々戻らないのが

実情です。だからといって、少しでも早く元

の体型に戻りたいと食事の量を減らしたり

カロリー摂取を抑えると、この時期に一番

大事な栄養一杯のおっぱいを赤ちゃんに

飲ませることができなくなります。

ですから、この時期は、赤ちゃんに手がかかる期間でもあり身体も十分に回復して

いないので、ムリをせずに少しずつ子育てに慣れていくことから始めましょう。

いずれにしろ、授乳するだけで1日600〜800キロカロリーも消費するといわれて

いますので、3食しっかり食べても太らず自然に体重が落ちていくのが一般的です。


産後しばらくして気をつけたいことが便秘ですが、消化された食べ物が大腸に長く

留まると体内で栄養素が吸収されっぱなしになり太りやすい体質になります。

便秘の予防として、イモ類、きのこ類、、豆類、切干大根、ひじき、わかめなどの

植物繊維を意識して食べるようにしましょう。

また、間食については、ケーキなどの脂肪分いっぱいのおやつは乳腺を詰まらせる

原因になり乳腺炎になることがありますので避けてください。


妊娠前は、そうでもなかった人が出産をきっかけに太ってしまうことがあります。

ほとんどのケースが卒乳後の食生活が原因といわれていますが、その背景には、

授乳時期の赤ちゃんのために食事の量を多くしていた食生活を、卒乳後も続けた

ことにより全て自分の栄養になってしまうことがあげられます。

また、産後は運動する機会も少なくなり外出も億劫になった結果、運動が不足

したままの生活を送っていたことも痩せることのできない要因の一つといえます。

逆に言えば、産後に生活習慣を少しづつ変えてけば痩せられることになります

ので、いかに生活習慣を変えるかが産後ダイエットのヒントになります。



【メニュー】

≪ダイエット≫

 TOP:ダイエットと健康づくりの広場

 カロリーコントロールで脂肪燃焼

 産後ダイエットで美しく痩せる

 簡単ダイエットで楽々チャレンジ

 ダイエット運動は美容に効果的

 内臓脂肪ダイエットでメタボ退治

 部分ダイエットで体型維持

 ダイエットサプリメントで痩身

 ダイエットレシピが美しさの秘訣

 ダイエット器具が成功の鍵

 モデルダイエットでスリムに

 ダイエット専門店は強い味方

 足痩せダイエットの秘訣


≪健康≫

 健康診断で早期発見

 女性の健康は美しい心

 男性の健康は若々しい心

 子供の健康は親の責任?

 健康食品ブーム陰日なた

 健康な食事で快適な暮らし

 健康器具でストレス解消




 プロフィール


 リンク集はTOPページから!

単に生活習慣を変えるといっても、授乳中は普段よりも気をつかって栄養管理をする必要があり、また、生活自体

も赤ちゃん中心なので簡単なものではありません。

ただし、その環境でも、意識をしてコツコツと生活習慣を変えながら卒乳にたどり着けば本格的な産後ダイエット

を始めた時に、頑張った人と意識しなかった人の差が現れます。

例えば、卒乳の数ヶ月前から食事制限を考え少しずつ食べる量を減らしたり、カロリーの低いヘルシーなメニュー

で調節していくなど、痩せるための工夫をしてみましょう。また、産後一ヶ月までは軽い体操をしてその後はもう

少しきつめの体操を取り入れるなど少しずつ運動量を増やした生活習慣に変化していくことも必要です。

それと同時に、出産で開いた骨盤は産後すぐに引き締めないと下半身に脂肪が付きやすくなりますので、まずは

骨盤を引き締める運動をかかさないようにしましょう。その他に産後6ヶ月までは、身体の脂肪も流動的ですので

リフォームの下着で脂肪を移動させるように意識しながら着用するのもいいでしょう。

また、最近では、身に着けて普段の生活をするだけで痩せる下着が

発売されていますので、試してみるのも一つの手です。

そして、産後6ヶ月〜10ヶ月ごろには卒乳の時期がきますので、生理

が現れ体調も妊娠前に戻ってきたら本格的に産後ダイエットを始める

ようにしてください。


母乳で育てる人の目安としては、以下の事に気をつけましょう。

・産前⇒おなかの冷えや衝撃から赤ちゃんを守るために妊婦用のガードルを着用しましょう。また、母乳を出すため

  に乳腺が発達するため、着け心地に余裕のある大き目のブラジャーを選びましょう。

・産後1ヵ月⇒下着は、身体を締めつけない物を選びブラジャーも前開きの授乳機能がついたものを選びましょう。

・産後3ヵ月⇒この頃から少しずつバストに張りがなくなり同時に下がりはじめます。段階に合わせてしっかり胸を

  包み込んでくれるブラジャーを選びましょう。

・産後6ヵ月⇒この頃になると、着け心地のよい下着をつけてもかまいません。ただし、まだ乳腺が活動しているので

  バストをきつく押さえすぎないように注意しましょう。


・・・産後ダイエットで美しく痩せる・・・産後ダイエットで美しく痩せる・・・産後ダイエットで美しく痩せる・・・産後ダイエットで美しく痩せる・・・産後ダイエットで美しく痩せる・・・

Copyright (C)  All Rights Reserved. < ダイエットと健康づくりの広場 >
  【TOP】