ダイエット運動

ダイエット運動は美容と健康に効果的のサイへようこそ!!

ダイエット運動は美容と健康に効果的のサイトでは、
ダイエッ運動についての情報を紹介しています。
また、ダイエット運動のメカニズムを探りダイエット運動で
しっかり身体を動かすことで基礎代謝を高めましよう。



最近では、テレビやインターネットで美容に良いダイエット運動が色々紹介されて

いますが、ただ単に痩せるのではなく健康面や精神面にも良いものがあります。

ただし、そのダイエット運動は、リバウンドのリスクが非常に高いと考えられ、中途

半端な気持ちで取り組めば、さらに太りやすい体質へと変化していきます。

そうならないためにも、自分に合ったダイエット運動を探し出さなければなりません。


「痩せる=体重を減らす」という考えから、たいていの人は食事量を減らせばいい

と思いがちですが、美容と健康を考える上では好ましくありません。

人の身体は、最低限のエネルギー量が必要であり極端な食事制限を続けると全体

のエネルギー量は減っていき筋肉まで失ってしまいます。

肌荒れや髪質がパサパサになってしまう症状などは、新しく皮膚や髪の毛をつくる

ために必要なエネルギーが補給されないことが大きな要因としてあげられます。

また、痩せたいとの一心で無理なダイエット運動をすると精神的に追い詰められ、

ストレスが溜まった時など体内で活性酸素が大量に発生し肌がカサカサになったり

胃腸の調子が悪くなったりします。

特に女性は、からだの健康状態がメイクやおしゃれに影響しますので、美容のため

にも栄養の偏らない食事と規則正しい生活に心がけたいものです。


消費エネルギーは、基礎代謝、活動代謝、

食事誘導性熱代謝(DIT)に分けることが

できますが、基礎代謝は、安静時でも消費

されるエネルギーのことで、1日の全代謝の

60〜70%を占めています。

活動代謝は、身体を動かすことで消費される

エネルギーのことですが、全体の20〜30%

程度ですので少しくらい身体を動かしても

それほど効果が得られず体重の増減に

大きく影響しません。

ただし、運動することにより基礎代謝の高い身体を作り上げることができます。

ですから、むやみに摂取エネルギーを落とすのではなく、しっかり食べてしっかり

身体を動かし、基礎代謝を高めることこそダイエットの近道なのです。


ダイエット運動のメカニズムは、摂取エネルギーよりも多くのエネルギーを消費する

ことで体内の備蓄エネルギーの大半を占める体脂肪を消費させることです。

そして、ダイエット運動の基本的な考え方は、基礎代謝による使用カロリーと運動

や活動による使用カロリーを増やすことにより結果として痩身(そうしん)の身体を

つくるものです。

また、単にダイエット運動による脂肪量の減少で体重が減るというのではなく、

筋肉量の増加により引き締まった身体になります。

筋肉量の増加によって上昇する基礎代謝量は、筋肉1kgにつき一日50kcal程度

といわれ、それに伴い消費カロリーも増加します。また、増えた筋肉により筋力が

増大し、エクササイズの時の負荷を増大させることが出来るために、運動時の

消費カロリーが効率よく増加することで減量する効果もあります。


ダイエットは、食事量を減らし摂取エネルギーを少なくする事も大切ですが、それ

だけでは筋肉量も減少して基礎代謝が低下し太りやすい体質になってしまうため、

ダイエット運動を取り入れて筋肉量を減らさないようにしましよう。ただし、運動で

あれば何でもよいというわけではなく、有酸素運動と無酸素運動の使い分けをして

トレーニングをする必要があります。


有酸素運動は、息を吸ったり吐いたりしながら行う運動でウォーキング、ジョギング

水泳などがあり、酸素を体内に取り込む事で脂肪を燃焼させることができます。

無酸素運動は、息を止めた状態でごく短時間に行う運動で、短距離走や腕立て

伏せ、腹筋運動、バーベル上げなどがあり、筋肉に負荷をかけることで筋肉量を

増やします。ただし、効果的に脂肪を燃焼することはできません。



【メニュー】

≪ダイエット≫

 TOP:ダイエットと健康づくりの広場

 カロリーコントロールで脂肪燃焼

 産後ダイエットで美しく痩せる

 簡単ダイエットで楽々チャレンジ

 ダイエット運動は美容に効果的

 内臓脂肪ダイエットでメタボ退治

 部分ダイエットで体型維持

 ダイエットサプリメントで痩身

 ダイエットレシピが美しさの秘訣

 ダイエット器具が成功の鍵

 モデルダイエットでスリムに

 ダイエット専門店は強い味方

 足痩せダイエットの秘訣


≪健康≫

 健康診断で早期発見

 女性の健康は美しい心

 男性の健康は若々しい心

 子供の健康は親の責任?

 健康食品ブーム陰日なた

 健康な食事で快適な暮らし

 健康器具でストレス解消




 プロフィール


 リンク集はTOPページから!

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、呼吸によって取り入れた酸素を体内に送り込む事で脂肪を燃焼

させることができますが、どのように有酸素運動を行えば効率よく体脂肪が燃焼するのでしょう。

脂肪を燃焼させるためには、しっかりと酸素を体内に取り込み、時間をかけて運動を持続する必要があります。

そのため、息が切れるような激しい運動では意味がありませんので、身体に無理のないペースで続けられる

ダイエット運動が基本です。


有酸素運動を開始すると、私たちの身体の中では開始後5〜10分は筋肉の中に蓄えられているグリコーゲンと

呼ばれるエネルギー源を使用します。10分が経過した頃から血液中にある遊離脂肪酸がエネルギー源として

使われ、少しずつ体脂肪が燃焼していきます。

つまり、軽い運動やエクスサイズでも10分間は続けないと効果が低く、できれば無理なく続けられるダイエット

運動を持続して20分以上続けると効果が期待できるということです。

ここで大切になるのが、無理なく楽しく続けられるダイエット運動を見つけることですが、代表的なものとして、

ウォーキング、エアロビクス、水泳などがあり、この他にも美容と健康に良い色々なタイプのものがあります。

男女の身体を比較してみると、大きな違いは子供を産むか産まないかという点ですので、女性の場合、母体の

保護や妊娠中にエネルギー不足にならないように皮下脂肪が付き易くなっているところです。

このため、成人男性の体脂肪率の適正値が16〜17%あるのに対し、

成人女性は22〜23%で皮下脂肪によって成人の女性の体は男性

よりも丸みを帯び女性特有の美しいボディラインを作っています。

また、女性の体型は、女性ホルモンが大きく関わりますので、幼児期、

思春期、性成熟期、更年期、老年期といったように、それぞれの時期

に合ったダイエット運動で体型づくりを考える必要があります。


・・・ダイエット運動は美容と健康に効果的・・・ダイエット運動は美容と健康に効果的・・・ダイエット運動は美容と健康に効果的・・・ダイエット運動は美容と健康に効果的・・・

Copyright (C)  All Rights Reserved. < ダイエットと健康づくりの広場 >
  【TOP】