部分ダイエットと体型

部分ダイエットは体型維持の切り札のサイへようこそ!!

部分ダイエットは体型維持の切り札のサイトでは、
部分ダイエット体型維持について考えました。
体型を維持する為に、部分ダイエットを上手に使って効率よく痩せましょう。
どの部分のダイエットで体型を維持するかはあなた次第です。



理想の体型を維持するためには、部分ダイエットを上手に使って効果的に脂肪を

燃焼させることが必要です。

また、部分的に痩せたいところへどのように刺激を与えるかがポイントとなります。

最近では、専門的に指導してもらえるヨガやジムなどに通う人が増えていますが、

時間に余裕の無い人は中途半端な部分ダイエットを試みては挫折しています。

そこで、体型を維持しようと自己流で頑張っている人のために、家の中でも簡単に

できるストレッチタイプの部分ダイエットを紹介します。


この部分ダイエットは、簡単にいうと呼吸法で

15分早起きして空腹の状態のまま、ゆっくりと

痩せたい部分を意識して身体を動かし休みな

がら気軽におこなうストレッチです。

重要なのは、根(こん)をつめたり短時間で

激しく行うのではなく、痩せたい部分に意識を

集中してゆっくり静かに無理なくおこない毎朝

の習慣にすることです。


そして、息を吐き切る時に、理想の体型を想像しながら痩せたいと思う部分に力を

入れて刺激を与えることで脂肪を燃焼させ筋肉を作っていきます。

息を吐き切る時は、息を吐き終わった状態から少し残っている息を、さらに絞り出して

最後の一息まで出し切ることを心がけてください。そして、最後の一息を出し切った

ところで、部分ダイエットをしたいところを意識して、さらに大きく力を入れます。


それでは、以下を参考に体型が気になるところや部分ダイエットをしたいと思うところ

のストレッチを朝起きてから数回繰り返してみましょう。


【注意点】

日頃使っていない筋肉は、急激に力を入れた部分が痙攣(けいれん)したり吊ること

がありますので気をつけてください。また、はりきって早く理想の体型になろうと最初

から力を入れすぎないようにして、徐々に慣れていきましょう。

最初は、体型よりも習慣づけるところからです。

【準備運動】

まずは、ラジオ体操や自己流で5分程度の準備運動を行い身体をほぐしてください。

また、フロアーに仰向けになり背伸びをして背骨を伸ばしてください。

特に身体の固い人は、ベットでの背伸びから始めましょう。

【ふくらはぎ】

階段などの段差があるところに足の先で立ち、両手で手摺りや壁などを使い身体を

安定させます。次に、十分に息をに吸ったあとゆっくり吐きながら、つま先立ちをして

徐々にふくらはぎの筋肉に力を入れ、息を吐き切る時にいちばん強く力をいれます。

次に、そのままの姿勢で、もう一度息を吸ったあと吐きながら、今度はふくらはぎが

痛く感じるところまでかかとを深く下ろし徐々に体重をかけていきます。

これを、数回繰り返せばふくらはぎが締まり脚も細く見え理想の体型に近づきます。

【太もも】

背筋を伸ばして、椅子に座って両手を後頭部で組み両脚をひざが曲がらいように

伸ばし、息を吸って両方のつま先を上に反らせます。

次に、ゆっくり息を吐きながら両脚を開き、息を吐ききるまで少しづつ広げていき、

痩せたい部分に負荷がかかったところでその部分に力を入れます。

息を吐き切ったところで、息を吸いながら両足をゆっくりと閉じ元に戻します。

これを、左右交互に数回繰り返せば体型的にも細く見えO脚やX脚も改善するかも。



【メニュー】

≪ダイエット≫

 TOP:ダイエットと健康づくりの広場

 カロリーコントロールで脂肪燃焼

 産後ダイエットで美しく痩せる

 簡単ダイエットで楽々チャレンジ

 ダイエット運動は美容に効果的

 内臓脂肪ダイエットでメタボ退治

 部分ダイエットで体型維持

 ダイエットサプリメントで痩身

 ダイエットレシピが美しさの秘訣

 ダイエット器具が成功の鍵

 モデルダイエットでスリムに

 ダイエット専門店は強い味方

 足痩せダイエットの秘訣


≪健康≫

 健康診断で早期発見

 女性の健康は美しい心

 男性の健康は若々しい心

 子供の健康は親の責任?

 健康食品ブーム陰日なた

 健康な食事で快適な暮らし

 健康器具でストレス解消




 プロフィール


 リンク集はTOPページから!

【ウエスト】

壁を向いて立ち、右手を壁につけ右足に重心をかけ(つま先立ちすると効果的)ながら十分に息を吸いこみます。

次に息を少しづつ吐きながらできるだけ重心が右側に移動しないように左脚を外側へ開き、胸を張って左肩を

落としてわき腹を収縮させ息を吐き切る時に、ウエストに力を入れます。

これを、左右交互に数回繰り返せばウエスト部分のダイエットになります。

【お腹】

あお向けになり十分に息を吸った後、息を吐きながらゆっくりと上半身を起こし、お腹が震えるぐらいのところで

3秒間静止します。(腹筋が弱い人は、足首を持ってもらううなど足が浮かないようにしてください)

息を吐きながらお腹をへこませてさらに上体を起こし、脚を(ひざを)伸ばした状態で前に倒します。

背中を丸めた状態で息を吐き切りゆっくりお腹に力を入れ静かに仰向けの状態に戻ります。

これを、数回繰り返せばポッコリお腹も改善され体型も気になりません。

【二の腕】

うつ伏せになり、ひじを曲げて両方の手の平を胸の位置に(横に)置き、十分に息を吸い込みます。

息を吐きながら、少しづつ腕を(肘を)伸ばし上体を起こし3秒間静止します。この時、腕を支点に上体が反って

いますがお腹と脚は床についています。

さらに、頭を思いきり反らし息を吐ききり二の腕に力を入れるよう意識します。息を吐ききったところで、息を吸い

ながら頭を下げていき少しづつ状態を下げて元のうつ伏せ状態にもどります。

これを、数回繰り返せば二の腕のたるみもとれ部分ダイエットとして効果的です。

【背中】

足を肩幅に開いて、自然に立った姿勢で両手を後ろで組み、体の力を抜いて息を深く吸ってください。

次に、息を吐きながら両肩を背中の中心に寄せるようにして背中を引き締めます。肩が痛くなるところで腕全体

を徐々にもち上げて、同時に首も後ろにそらして息を吐ききり背中の肉を最大限締めます。

最後に息を吸いながら徐々に力を抜き、ゆっくり腕を下ろしてください。

これを、数回繰り返せば、背筋が伸び身体全体の体型が整います。


イギリス人は、ヨーロッパで最も肥満度の高い国民といわれ肥満

体型の人が多いことから、ダイエットをすることが常識化し低糖質

の部分ダイエットがブームとなりました。

ただし、最近では、流行の部分ダイエットというよりも、自分に合った

方法で体型を改善しようとする傾向に変わってきたようです。

そのため、ダイエット関連の書籍が数多く出版されるようになり

今ではダイエットの本がベストセラーに入っています。


・・・部分ダイエットは体型維持の切り札・・・部分ダイエットは体型維持の切り札・・・部分ダイエットは体型維持の切り札・・・部分ダイエットは体型維持の切り札・・・

Copyright (C)  All Rights Reserved. < ダイエットと健康づくりの広場 >
  【TOP】