ダイエット器具

ダイエット器具が成功の鍵のサイへようこそ!!

ダイエット器具が成功の鍵のサイトでは、
ダイエット器具についての情報を紹介しています。
深夜、テレビでは色々なダイエット器具を紹介していますが、
どのダイエット器具が、あなたのお気に入りですか。



まず初めに、「バランスの良い食生活」「日々の運動」「規則正しい生活」がダイエット

と健康の基本ですので、そのことを忘れないようにしましょう。


ダイエットに取り組む上での成功の鍵は、筋肉量や筋力をつけ基礎代謝を向上

させることですので、地道にダイエット器具を使用すれば理想の体型になれます。


先日、テレビでダイエット器具を紹介してましたが、健康マッサージのようなもので

入浴後に使用すれば血行が良くなり疲れも取れグッスリ眠れそうなものでした。

また、そのダイエット器具を使うと、「手軽に気軽にダイエットができ持ち歩きも可能」

というもので、買ってみようかな!・・とも思いました。

ダイエット器具は、主に脂肪を器具によって

燃焼させることにより部分的に減量させますが、

現在のところ決定的な効果が期待できるとは

いえないようです。

利用される方法は、熱、高周波、低周波、磁力などさまざまですが、器具としては

微妙で物理的な外力による脂肪の減少効果を狙ったものがほとんどです。

マッサージで、脂肪のもみ出しを行うことにより脂肪の流動性を高め、あるいは脂肪

細胞を破壊し血中に溶出させ脂肪量を減少させるという方式もあります。

ただし、血中に脂肪が溶出しても再び体脂肪として蓄積されてしまうことは予測でき、

効果が有るのか無いのかの立証は難しいでしよう。


私たちは生まれながらにして、食べること(栄養)、動くこと(運動)、休むこと(休息)

を無意識に繰り返していますので、この3原則が崩れた状態が続くと、太ったり、

疲れたり、病気になったりします。また、食べたら太るという恐怖感から拒食症に

なたり、挫折やストレスから過食症になることがありますので、体のリズムを作り出す

意味では精神的な安定も重要になります。


身体の脂肪は、文字通り脂肪の多い食物や糖(炭水化物)が胃から小腸、さらに

肝臓へ運ばれ、そして栄養分は血管を通って全身に行きわたり脂肪もこの血管の

中を流れ脂肪細胞で脂肪に変えられます。

運動は、エネルギーを大いに消費し脂肪細胞が蓄積されることを予防しますので、

肥満にならないための生活習慣として欠かすことが出来ません。

しかし、現代社会では運動をする環境をもたない人が多いのが現状で、そこで

食事制限をして過剰エネルギーにならない努力をしなくてはならないのですが、

食べることが好きな人にはつらい方法です。


まず、ダイエットの基本は、栄養を摂って身体の機能を活性化し余分なエネルギーを

燃やすことですので食事、運動、休養のサイクルを生活習慣に置き換えることです。

また、有酸素運動だけでなく筋トレや腹筋運動といった静的運動の必要性も叫ばれ

ていますので、ダイエット器具を使うなど身体の柔軟性を保つためにストレッチや

体操も積極的に取り入れましょう。



【メニュー】

≪ダイエット≫

 TOP:ダイエットと健康づくりの広場

 カロリーコントロールで脂肪燃焼

 産後ダイエットで美しく痩せる

 簡単ダイエットで楽々チャレンジ

 ダイエット運動は美容に効果的

 内臓脂肪ダイエットでメタボ退治

 部分ダイエットで体型維持

 ダイエットサプリメントで痩身

 ダイエットレシピが美しさの秘訣

 ダイエット器具が成功の鍵

 モデルダイエットでスリムに

 ダイエット専門店は強い味方

 足痩せダイエットの秘訣


≪健康≫

 健康診断で早期発見

 女性の健康は美しい心

 男性の健康は若々しい心

 子供の健康は親の責任?

 健康食品ブーム陰日なた

 健康な食事で快適な暮らし

 健康器具でストレス解消




 プロフィール


 リンク集はTOPページから!

太りにくい身体をつくるためには、筋肉量を増やしてエネルギー消費を高める必要がありますが、筋肉はその

収縮の違いから遅筋(ちきん)と速筋(そっきん)があります。遅筋は、収縮速度が遅い反面持久力のある筋肉で、

速筋は収縮力が早く強い力を発揮する反面持久力のない筋肉です。


このように筋肉にはそれぞれ特徴があります。また、筋肉の中にある遅筋と速筋の割合は個人差があり、この

筋肉の割合によって、短距離走が得意な人や長距離走が得意な人がいるのです。

脂肪燃焼に有効な有酸素運動は、持久力のある遅筋で細胞の中にたくさんのミトコンドリアを持っています。

そして、脂肪を燃焼させながら長時間運動する事ができます。さらに、遅筋には赤血球から受け取った酸素を

蓄えておけるミオグロビンを多く持っており、脂肪燃焼時の酸素供給能力が高いといえます。

したがって、ダイエット器具や運動によってこの遅筋を鍛えることはエネルギー消費量を高めることになり、太り

にくい体をつくることになります。


ダイエットの際、ラップ巻きやマッサージなどで体重を減らそうと考えがち

ですが、終わったあと一見痩せたように見えても実は脂肪細胞を刺激し、

その中の水分を外に出しているにすぎません。

また、サウナなども同じで、水を飲めば再び元の状態に戻ってしまうので

脂肪を減らすには効果があるとはいえません。

ただし、汗をかくことは老廃物を身体の外に出しますので、健康的には

おおいに効果があります。


・・・ダイエット器具が成功の鍵・・・ダイエット器具が成功の鍵・・・ダイエット器具が成功の鍵・・・ダイエット器具が成功の鍵・・・ダイエット器具が成功の鍵・・・ダイエット器具が成功の鍵・・・

Copyright (C)  All Rights Reserved. < ダイエットと健康づくりの広場 >  【TOP】